TOP
41.14score

東京ママ

スポンサーKataribe

子どもの無病息災を祈ろう!七夕祭りに見られる地域の特色

七夕の日が近づくと、子どもの成長や家族の健康や幸せを願い、飾りつけをするご家庭も多いのではないでしょうか。今回は各地の七夕祭りの特色についてご紹介します。

■伊達家歴代藩主も愛した仙台七夕まつり
仙台七夕まつりは、仙台藩藩主伊達政宗の時代から伝統行事として行われてきたそうです。こちらの七夕まつりは旧暦の7月7日に合わせて、8月6日~8日に行われるそうです。無病息災や商売繁盛などを祈願して作られる笹飾りや、七つ飾りが所狭しと飾られ、とても豪華絢爛なお祭りみたいです。花火大会やライブの開催など、イベントもたくさんあって、毎年大勢の人でにぎわうそうです。政宗公も愛した、歴史のある東北のお祭り。是非一度訪れてみたいですね。

■湘南の風に吹かれて!平塚の七夕まつり
神奈川県平塚市で行われる日本有数の七夕まつりです。平塚の七夕まつりは戦後の復興のために行われてきたもので、活発な商業力に裏付けられた日本有数の七夕まつりだそうです。毎年選ばれる「織り姫」や七夕飾りのコンクール、パレードなどで盛り上がるそうです。10mにも及ぶ七夕飾りは圧巻ですよ。

■歴史と伝統に育まれた狭山市入間川七夕まつり
埼玉県狭山市で行われる狭山市入間川七夕まつりは、「関東3大七夕まつりに数えられるそうです。商店街を中心に、1.5kmの沿道に約140本の七夕飾りが飾られるそうです。ここのお祭りも他に引けをとらないほど豪華そうですね。また約1500発打ち上げられる花火も、七夕の夜にふさわしくとてもきれいなものでしょう。お子さんたちの思い出に残るイベントとなるのではないでしょうか。

■北海道の七夕はハロウィーン!?
補足ですが、北海道では、七夕は旧暦の7月7日にあたる8月7日に行われるところが多いみたいです。北海道の七夕では、子どもが歌を歌いながらお店や近所の家を訪ねていき、お菓子をもらうという風習があるそうです。この時に子どもたちが歌う歌は、同じ北海道でも、地域によって歌詞が違うみたいです。これはハロウィーンの「トリックオアトリート」と一緒ですね。ご近所付き合いが希薄と言われている昨今でも、こうやって子どもが楽しめるようにしているというのはとてもいいことだと思います。

いかかでしたか。どこのお祭りもそれぞれに特色があって、全て訪れてみたくなりますよね。無病息災や商売繁盛などを祈って、今年も家族でお祭りに出かけたり、短冊を書いたりして、子どもとの思い出をつくりたいですね。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-06-29 20:55

コメント (0)